子犬を選ぶポイント:ペット(犬・猫)との付き合い方

子犬を選ぶポイント

ペットに犬を飼う事が決まりました。
そこで、ペットショップやブリーダーのところへ行って子犬を選ぶ際に、いくつか押さえておかなくてはいけないポイントがあります。

1.買いたい犬種を決めておき、その犬の特徴を徹底的に知っておく事
ペットショップで見た時に可愛いからと子犬を衝動買いしてしまった。
成長してみると実は超大型犬で、手に余ってしまい手放してしまうという話も結構聞かれます。
そういう無責任な事にならないように、事前に知識の収集を心がけたいものです。

2.中心になって世話をする人が誰になるのか決めておく事
一日中、仕事で家をあけるお父さんが中心になって世話をする、というのは無理があると思いませんか?

3.オスを飼いたいのか、メスを飼いたいのか

4.室内で飼うのか、屋外で飼うのか

5.飼いたい犬種長毛なのか短毛なのか
抜け毛の多さでお掃除の手間が増えたりとか、お手入れ費用の違いに差が出てきてしまいます。

.
さて、実際にペットショップに行きました。
沢山の子犬たちがいて、あの子もこの子も可愛いなどと目移りしてしまいがちです。
まずは冷静になって、自分の目でその犬の気性や元気か健康か等を確かるようにしましょう。

また、犬を買おうとしているペットショップが、適正な価格でペットを販売しているか、信頼できる店なのかどうかも見極めましょう。
ペットショップとのお付き合いも、犬を買ったからおしまい、にはならないと思います。
ペット用品の購入やお手入れ、いろいろ困った時の相談等、ペットショップとのお付き合いも始まるのです。

可愛いペットを選ぶにあたって、検討するべき事やクリアーしなければならない事はいろいろとあります。
何年も一緒に生活する家族を選ぶのですから、慎重に決めるようにしたいですね。


.

犬との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ