子猫を飼う:ペット(犬・猫)との付き合い方

子猫を飼う

子猫を選ぶにあたり最適な時期としては、生後2〜3ヶ月だと言われています。
これ以上早いと生後すぐに母猫から引き離されている事になり、猫としての社会性や行動の基礎が身についていない場合が多くなります。
逆に6ヶ月を過ぎてしまうと、ペットとして引き取っても人間になつきにくくなってしまいます。

雌と雄のどちらが飼いやすいかという事もあります。
雄の場合は、成長するとおしっこでマーキングする事で、自分のテリトリーを主張するようになります。
このおしっこでマーキングによる臭いは、かなり強烈なものです。
雌の場合は、発情期になると大声で鳴くようになります。
どちらも程度によっては、近所迷惑になる場合が考えられます。
そのような事態を避けたいのであれば、動物病院できちんと避妊手術をしておく事をお勧めします。
これで性的な行動はかなり抑えられるはずです。

さて、数多くの子猫の中から自分のペットにする子猫を選ぶ時には、こんなポイントに気をつけて猫を選びましょう。
数多くの子猫の中から自分のペットにする子猫を選ぶ時には、こんなポイントに気をつけて猫を選びましょう。

・四肢がしっかりとしている
・人なつこい
・毛並みが美しくツヤがある
・太りすぎやせすぎていない

ペットと飼い主として長く一緒に生活をするのですから、自分と出来るだけ相性のいい子猫を選ぶようにしましょう。

次に子猫を迎えるのに必要なグッズですが、まずトイレ容器と臭いをよく吸収する砂を用意しましょう。
専用の寝床(ペット用の寝床でなくてもバスケットや段ボール箱でも構いません)も欲しいところです。
食事用食器は、餌用と水用の2つを用意しましょう。
更に爪とぎ器とお手入れ用品、これは毛の長さによって必要度が変わってきます。
それから子猫は遊ぶのが大好きなので、その為のおもちゃも揃えておきましょう。

上記のペット用品は全て、ペットショップやホームセンター等のペットコーナーで揃えることが出来ます。
準備が完了したら子猫を迎えに行きましょう。
Yahoo!ブックマークに登録

猫との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ