子猫の健康管理:ペット(犬・猫)との付き合い方

子猫の健康管理

ペットとして猫を飼った時、特に飼い始めた頃については、どんな猫であっても生活環境の変化に多少の違いはあれストレスを感じています。
こんな状態の時に、様子が変だからといって、焦って健康診断を考える必要はありません。
特に子猫の場合は、新しい環境に慣れるまでは食欲が落ちてミルクを飲まなくなったり、気持ちが不安定になり怯えてひどく鳴いたり暴れたりする事があります。
子猫が新しい家庭で環境に慣れてペットとして落ち着いてから、近くの動物病院で健康診断をしてもらうようにしましょう。
この段階で寄生虫等の異常が見つかった場合には、すぐに駆虫剤を飲ませる等の適切な対応をして下さい。
人間と同じで母猫の母乳で育った子猫はある程度の免疫を持っていますが、この免疫は生後1〜2ヶ月位で弱くなってきます。
ちょうどペットとして引き取られる頃が、免疫低下の時期にあたるのです。
動物病院に健康診断に行くついでに、ワクチンの接種について獣医さんと相談をしておくた方がよいでしょう。
大抵の病気は、事前のワクチン摂取により防ぐことが可能です。
(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症(3種混合ワクチン)、猫白血病ウイルス、クラミジア感染症)
しかし、猫免疫不全ウイルス感染症(FLV/猫エイズ)や猫伝染性腹膜炎といった病気は発症しやすいのにワクチンがありません。
感染すると治療法がない病気もありますので、ワクチン摂取しているからといって過信せずに、不調が長引くようなら動物病院で受診を心がけましょう。
一部の地方都市の条例を除けば、猫は法的な登録義務はありません。
従って犬のように予防接種のお知らせが自治体から回ってくる事もありません。
しかしペットとして一緒に生活をする以上、ペットの健康は飼い主が管理しなければなりません。
猫が幸福に暮らせる生活に対する責任はもとより、自分の家のペットが他の人に迷惑をかけないという社会的な責任も同時に発生するのです。
Yahoo!ブックマークに登録

猫との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ