猫にタブーの食品:ペット(犬・猫)との付き合い方

猫にタブーの食品

ご存知かもしれませんが、猫には食べさせてはならない食品がいくつかあります。
ペットとして猫を育てていく時には、この事は絶対に覚えておかなければいけません。

まずはねぎ類です。
これは長ネギ・玉ねぎ共に与えないようにして下さい。
赤血球が破壊され、貧血を起こしたり血尿が出たりします。
生後間もない時期の子猫からペットとして飼う時に注意しなければならないのは、人間が飲むのと同じ牛乳や乳製品を与えてはならないという事です。
猫には牛乳に含まれる乳糖を分解する機能がありません。
必ず猫用に調整されたミルクをあげるように心がけて下さい。

次に生のイカです。
海産物という事で猫の好物のように思うかもしれませんが、ビタミンB1欠乏症を引き起こし歩行困難になってしまいます。
昔の人々はこの状態になった猫を見て「猫がイカを食べると腰を抜かす」と称したのです。

また、猫はほとんど汗をかかないので、余りにも塩分の強い食品は悪影響となります。
更に刺激の強い香辛料は、味覚を麻痺させるてしまうかもしれません。

最後は生の豚肉です。
生のままの豚肉だと、人獣共通感染症の一つであるトキソプラズマ症の原因となるトキソプラズマ(原虫)の卵のようなものが含まれていることがあります。
これを猫が食べてしまう事により、ペットから人へと感染してしまう事があります。
熱を通した豚肉なら大丈夫なので、豚肉を与える時には必ず熱を通すようにして下さい。

猫をペットにする時は、食事一つとっても気をつけてやらなければならない事があります。
肥満・腎臓病・ストレスによる脱毛等など、現代のペットの病気は人間と共通するものも結構存在しているのです。
ペットのためを思うのなら、自分と同じものを与えるだけで済ませていないで、猫にとって適切な食品を適切な量だけ与えるように心がけましょう。
Yahoo!ブックマークに登録

猫との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ