猫のメタボリックシンドローム:ペット(犬・猫)との付き合い方

猫のメタボリックシンドローム

ここ数年間、人間の世界ではメタボリックシンドロームが問題となっています。
猫も深刻なメタボリックシンドロームの問題を抱えている、と言ったらあなたは笑うでしょうか。
人間がグルメ化してきたのに伴い、ペットである猫の食事も段段とグルメ化する時代となっています。

しかも、昨今では室内用ペットとして飼われている猫が増えている為、運動不足等の理由で肥満のペット猫が増えて来ているのです。
種類により異なりますが、通常では猫の体重は大体3〜5kg程度です。
5kgを大幅に超えていたり、明らかに下腹部が下がっている場合は肥満と判断出来ます。

猫が肥満化する原因ですが、まず第一に食事、第二に運動不足、第三にはストレスが挙げられます。
猫という動物にとっての食事は、量より質を重視する必要があります。



特に去勢・避妊手術をした猫の場合は、発情期に費やすエネルギーが不要となります。
去勢・避妊手術をした猫にとっては、普通の食事の量でも肥満になりやすい傾向がありますので、特に注意して下さい。

また、おやつの与えすぎも良くありません。
ほんの少し、猫が楽しむだけの量があれば十分なのです。
可愛いから、喜ぶからといって好きなだけ餌を食べさせてると、すぐに太って肥満になってしまいます。

第2の原因である運動不足については、猫に限らず室内飼育のペット全体に言える事です。
この事については、毎日適度な運動をさせる事、頻繁に体重をチェックし体重管理管理する事で解決出来るかと思われます。

最も大変なのが、最後のストレスです。
これもペットの現代病の一つと言えるでしょう。
これについては、ストレスの原因を明確にしないと、そもそも対処する事すらで来ません。
運動不足なら運動をさせなければなりません。
飼い主に相手にされていないと感じているのなら、愛情を注いで遊んであげる必要があります。
逆にかまわれすぎてイライラしているよう状況ならば、少し距離を置いて接する必要があります。

ここまでの事で何か気付かれなかったでしょうか。
そうです。
人間の肥満とペットの肥満、原因も解決法も非常に良く似ているのです。
そういった意味では、現代は人間にとっても猫にとっても、ある意味住みにくい時代なのかもしれません。

猫との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ