ペットの歴史:ペット(犬・猫)との付き合い方

ペットの歴史


犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。

人類が狩りをして暮らしていた昔の時代にはあっては、ペットとというよりは人間の仕事を手伝う動物、またペットというある意味で主従関係ではなく友達という感じでの付き合いだったのかもしれません。

狩りを鉄砲で行うようになった時代からは、犬はその獲物を食べる事無く人間のところに運んできてくれる、狩りの相棒として重宝されるようになりました。

今の時代になっても、狩りをする人にとって狩猟犬はなくてはならない存在です。

日本で一番古いペットは、犬ではなく猫であると言われているようです。

平安時代に中国から連れてこられた猫が、高貴な貴族のペットとして可愛がられるようになっていったようです。

日本でペットとして犬が脚光を浴び始めたたのは、徳川歴代将軍の中でも有名な徳川綱吉の時代からになります。

「犬公方」と呼ばれた綱吉は、「生類哀れみの令」を始めとして、犬に関する様々な法律まで作ってしまいました。

19世紀頃からは、品種改良の技術が発達するにつれて、いろいろな犬種が増えていきます。

そして狩猟のお供としての役割が大きかった犬も、ペットとしての地位をだんだんと確立していくようになったのです。

現代社会においての犬達は、ただのペットというだけの立場から盲導犬や聴導犬、介助犬、また警察犬として働いていたり、人々を癒していくコンパニオンアニマルとなったりしています。

かつてのような主従関係としてのペットではなく、人間と共に一緒に生きていく良き相棒として認識されつつあるようです。


犬との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ