ペットロスから立ち直る:ペット(犬・猫)との付き合い方

ペットロスから立ち直る

「ペットロス」という言葉は最近よくマスコミなどでも取り上げられているので、耳にしたことがある方も多いと思います。

これは愛するペットに先立たれて、その喪失感や悲しみから立ち直れない状態のことをいいます。


ペットが家族の一員として愛されている現代社会において、ペットロスは深刻な問題となっています。

どんなに可愛がって愛情を注いで育てても、犬や猫といったペットは絶対に飼い主である人間よりも先に寿命が尽きます。

ほとんどの場合、時間の経過とともに徐々に立ち直っていくものですが、なかなかそうはいかない飼い主も増えてきています。


これは昔と違って近所付き合いや地域との係わり合いが減ったことで、犬や猫との繋がりがあまりにも強くなりすぎて、犬や猫に精神的に依存している人が多くなってきたからだといわれています。

さらにペットロスは一般的に理解されにくい症状であることも挙げられます。

ペットを飼っていない人やペットが嫌いな人から見れば、「たかが犬や猫が一匹死んだ位で・・・」といった程度の問題にしか思えないのです。

犬にしろ猫にしろ、ペットに対して精神的にある程度距離をおいて上下の関係を築いていた飼い主ならば、悲しみはあるでしょうが、立ち直るのも早いでしょう。



だからといってペットロスは恥ずかしいことではありません。

無理にこらえようとせずにお葬式を開いて埋葬してあげるとか、同じようにペットを愛する友人などに話をして、沈んだ心を外に向けてやることが大切なのです。


※本年の更新は今回で終了させて頂きます。
 来年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 それでは、よいお年をお迎え下さい。

ペットとの付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ