猫のプライド:ペット(犬・猫)との付き合い方

猫のプライド

犬のルーツが狼だという事は、一般的に知られている事です。

狼、そして狼から派生した野犬も、基本的には群れで生活しています。

そして、群れというものには、全体を統括するボスが必要になります。

動物の群れにおいて、ボスという存在は絶対的な権限を持っており、群れの構成員達はボスに無条件に従います。

生きていく為のノウハウであるとか、外敵から群れを守る為のさまざまな判断は、このボスが行います。

ペットとなった現在においても、犬が飼い主に忠誠心を持っているのは、群れで生活していた頃のボスに対しての名残なのです。

しかし、元々の野生動物だった時代から単独行動であった猫には、ボスという概念が存在しません。

生きて行く為の判断も、外敵から身を守る為の判断も、全て自分自身が行っています。

猫が犬に比べてプライドの高い動物であると言われるのは、このように全てを自分で判断してきた野生時代に所以するのです。

ペットの犬にとって飼い主というのは、ある意味でボスにあたる存在になります。

しかし、元々単独行動でボスを必要としない猫にとっては、飼い主はボスでも忠誠を尽くす相手でもありません。

ペットであるからといって、自分の猫を思い通りにしようと考えてる事が、間違っているのです。

そして、猫は自分のテリトリーというものを、非常に大事にする習性があります。

猫という動物は、ペットとして室内で生活していたとしても、本能的には常に野生動物なのです。

猫にとってのテリトリーとして大切なのは、単純な広さではありません。

そこで自分が快適に生活ができるかどうか、それこそが重要なのです。

食事と排泄が可能で、子供を生み育てることができる空間、それが猫にとってのテリトリーです。

従って、ペットの猫にとっては、室内でそれらの条件をかなえる事が出来れば、それで満足なのです。

ペットであっても猫の気持ちは独立している、それを忘れないで上手に猫と付き合って下さい。

猫との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ