ブリーダー:ペット(犬・猫)との付き合い方

ブリーダー

最近よく聞かれるようになった「ブリーダー」とは、どんな職業なのでしょう。

漠然とペットに関する職業という認識をされている方は多いと思います。

具体的には、ブリーダーとは犬や猫といったペットを繁殖させたり、ペットショー等の品評会でチャンピオンになるような犬を育てる人達の事を指します。

ペットショップにいるペット達にしても、もとは繁殖を請け負うブリーダーの元からやって来たものが殆どです。

ブリーダーになる為には、特に資格などは必要がありません。

ブリーダーになる為に必要な知識を学べる専門学校も存在しています。

ペットを飼いたいと思った場合に、ペットを飼っている知人に譲ってもらうという方法以外に、欲しい犬種を繁殖しているブリーダーを探して、直接譲ってもらうのが安く手に入れる方法としては一番良いように思われます。
しかし、ブリーダーの中にも利益優先で、犬の生活環境に配慮が無かったり、無理な交配をさせる悪質業者が存在するようです。

従って子犬を探すにあったては、まず良いブリーダーを見つけるようにしなくてはいけません。

この時の注意点として、お目当てのブリーダーに対して見学させてもらえるかどうか確認したほうが良いでしょう。

見学を断られるような場合については、見学されては困るような環境で犬を飼育しているという具合に考える事も出来るのです。

そんなブリーダーは、避けたほうが無難と言えるようです。

また仔犬はおよそ40日間は、母犬の母乳によって抗体を受け継いでいきます。

生後40日未満の仔犬を譲渡するようなブリーダーも、犬についての知識が乏しい事がと考えられるので、避けるようにしたが良いでしょう。

ペットブームという事でブリーダーの数が増えてきています。

中には上記のように、質の良くないブリーダーも存在しています。

ブリーダーから直接に仔犬を譲ってもらう場合は、きちんとした良いブリーダーを見分ける判断が飼い主側に必要とされるのです。

犬との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ