犬の寝る環境を変える:愛犬の怖がりを解消しよう:ペット(犬・猫)との付き合い方

犬の寝る環境を変える:愛犬の怖がりを解消しよう

まず、犬が寝ている環境を見直して見ましょう。

アナタの愛犬はどこで寝ているでしょうか。


犬がリビングなど広い場所で常に寝ているような場合、注意が
必要です。

「広い方がのびのびしていいだろう」と思っていらっしゃるかも
しれませんが、実はそれは間違いです。


犬は実は狭いところの方が寝やすいのです。

もともと穴倉で生活をしていたせいか、広いところよりも狭い
ところの方が落ち着くのです。


ですので、小型犬にとってはリビングでは広すぎて落ち着かない
という場合があります。


一番ベストなのは、ゲージやハウスで寝れるような状態にして
あげる事ですね。

もちろん、犬もなれていないところで寝るのはきついので、
ゲージを買ったらすぐにそこで寝るようになるとは考えにくいです。


やはり、そこでの生活になれさせる必要がありますね。

ですので、普段寝ているベッドなどをそのゲージに入れてあげたり、
餌をあげるときに、そのゲージの中で食べるようにしてあげたり
などゲージでの生活を基本にしていく必要があります。


また、その過程でも部屋に犬を1人にする場合は一工夫が必要です。

まず、昼間でもカーテンは閉めてあげたほうがいいですね。

それをする事で、部屋の感じ方が変わってきます。

カーテンがあいてて、外が丸見え状態だと、犬にとってはすごく
広く感じるんですね。

なので、余計落ち着かなくなってしまいます。


昼間からカーテンを閉めていると、家の外観的にちょっと・・・
と思うかもしれませんが、愛犬の為ですし犬を1人にする場合には
極力カーテンを閉めるようにしましょう。


犬との付き合い方

Sponsored Link

検索ボックス

人気ブログランキングに参加中、

応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

キーワード

管理人:jmnzxx

犬の従順さが好きだが、猫の気ままな可愛さにもひかれるメタボ中年です。 いや犬にも猫にも、それぞれの良さがあって、どちらがいいとか決められない優柔不断人間ですあせあせ(飛び散る汗)

犬は人間にとって、最も古いペットだと言われています。
人類が狩りをして暮らしていた時代は、ペットということの他に、人間の仕事を手伝う動物、また友達という感じだったのかもしれません。
狩りを鉄砲で行うようになってからは、犬はその獲物を食べることなく、人間のところに持ってきてくれる狩りの相棒として重宝されていたようです。

キーワード

アラビア半島や古代エジプトに生活していた野生の猫が人間のペットとなっていったきっかけは、エジプト王朝時代の穀物倉庫を荒らす鼠を獲物とする猫が倉庫に住みついたことでした。
ではこのペット化してきた猫たちはどうやってはるか遠い日本までやってきたのでしょう。
日本に異国の物や文化が入ってくるルートは、有名なシルクロードです。
猫たちもこのシルクロードを旅して来たのです。

サブコンテンツ
  • seo
小雪の情報商材アフィリエイトノウハウ大放出ブログ
タグクラウド
Powered by さくらのブログ